TOKYO SIMPLE LIFE.

東京専業主婦の日々

TOKYOSIMPLELIFE_pc TOKYOSIMPLELIFE

メッキが剥がれるとき

 

 

世の中は悲しいニュースで溢れているけれど

嬉しいニュースも入るようになってきましたね!

 

富士フィルムのコロナに効くと言われている薬、アビガンが3月から中国で使われてきましたが

ついに日本がこの薬を欲しい国に無償で提供することを発表しました

つまりこの薬の有効性がかなり確実なものになったということ!

 

それとアメリカでは開発中のワクチン9つ、まだ有効性は確かではないけれど

マイクロソフトが出資して全ての製造を開始しているとのこと

いくつかは効かず無駄になるかもしれない

でもその中には効くものもあるかもしれない

有効性が確実になったときに量が追いつくように走って製造しているのだとか

 

それとソフバンの孫さんが検査キッドの件であんなにも叩かれていたにも関わらず

マスクを外国から大量に仕入れてくれて医療機関に配るとのこと(中国製の粗悪なものでないことを祈る!)

 

本当に頼れるのは世界に誇れる会社という城を築いたリーダー、

経営者たちなのかもしれない!

 

日本に感染が広まりだすまでにタイムラグはあったけれど、あの武漢で騒ぎになった直後すぐにテレワークを始めたGMOも本当に英断だったと思います

 

日本に、世界に、彼らのようなスーパーヒーローがいて本当に嬉しい!

 

このコロナの影響でどこの国でもそれぞれの悪い部分が出てきてその国の本性のようなものが見えました

 

日本も日本人のための決断ができない国だったとうんざりするほど思い知らされましたが…

 

他国と比べても良い部分もあることもわかりました

 

いずれ足りなくなるでしょうけど医療が整っていること、保険がきくこと

 

幼児の頃から手洗いうがいを言われて育った人が殆どなこと、普段はしなくてもこの状況でそれが苦なく出来ること、予防が染み付いていること(こんな場面で役立つとは!)

 

中国人に奪われる事はあっても人のものを取ったりしない国民性(ヨーロッパ・アメリカでは国単位でのマスクの奪い合いが始まった)

 

日本人は元は仏教で学校で道徳を習ったことが本当に良かったんだなと思います

近隣国の儒教と比べると教え一つでこうも違うのかと…

してはダメなことを平気でやり、それをダメなことで上塗りするっていう考えがあることに気付いたのが物事の良し悪しがわかる大人になってからで本当に良かった!

 

悪い部分もあれど世界的に見ても良い国だったんだと改めて実感しました。(日本円をとっても日本でしか使えない通貨が世界一信用されている!)

 

日本に生まれ育ったのに日本人が嫌になることもある!

日本語しか喋れないのに日本語なんてわからなければ良いのに(だから英語もっと勉強しよう)

って思うこともある!

でも必要なのはもっと知識とか教養を深めることなのかもしれないですね

人が悪いと思うのは自分の小ささのせいです

(前回のブログには反省しています←)

 

とにかくこのコロナ一つで世界の本性が暴かれましたが

明るい未来も見えてきました!

戦争のない時代に生まれて良かったですが人生の中でこんな世界の危機に直面することになるとは思いもしませんでした!

この後は確実に不況の時代に突入する…まだまだコロナもコロナショックも明けるのは先になりそうですが…!

 

とにかくこの危機に立ち向かってくれている科学者、医療の人たち、経営者には感謝しかありません!

 

ちっぽけな私は引き続き引きこもりに励みたいと思います!!

おわり