TOKYO SIMPLE LIFE.

トーキョー低年収OLの日々。

貯金の限界と積立ての可能性とトレードの夢。我が家のお金の分担。


 

我が家のお金分担とその中身の話です。

結構夢のある話をします。

ですが、最後まで読み進められる人はいないかもしれません。笑

私の大好きな複利の話です。

 

さて!

お給料日にはお互いのお給料を持ち寄って一気に振り分けている我が家です。

特にどちらが管理しているなんてこともないのですが

運用だけは別!!

この部分の担当がいつの間にかきっぱり分かれていました。 

トレードは夫、積立ては私。

トレードと積立て。

同じ投資・運用のようで中身は全く別モノです。

一言でいうなら

トレードは攻め・積立ては守り

です。

積立ての種類にも攻めと守りはありますが、トレードほどの攻めはありません。

というのも積立てで資産がマイナスに転落することはありませんが、トレードはマイナスに転落する恐れもあるからです。

トレードの種類にも、株式・株信用取引・日経先物・FXと種類はありますが、どれをとってもリスクは高いです。

我が家も一番初めに手を出したのが先物で2ヶ月目にして約50万を失いました。

ですが、今も夫にはトレードを続けてもらっています。

その理由は…

 

トレードには夢がある!

身近に「トレードしたいんだけど」って言われたら

絶対に

「トレードじゃなくって投信積み立てにしておきな!」

って言うと思います←

これを読んで血迷わないで欲しいとも思います。

でも夫にはトレードをやめないで欲しいと思っています。

それは何故かというと

貯金と積立てには限界があるからです。

・これが貯金の限界。

「あぁ~不労所得で暮らしたい」

って誰しも思ったことがあると思いますが、

不労所得で暮らすためにはいくら必要か知っていますか?

利回りが3%とすれば約2億です。

多分税率が違うので確実ではないですけど、約2億あれば恐らく年400万円くらいが不労所得として入ってきます。

我が家は貯金よりも積立ての比率を上げてますが

仮に全額貯金で2億貯めるとすると何年かかると思いますか?

我が家が確実に貯められる金額、250万円/年で計算すると…

80年です。

不労所得で生活する前に死んでます。

今は金利が殆どつかないので貯金で生活は豊かになるはずがないのです。

なので積立てをしています。

・積立ての可能性。

積立ての場合、利益も再投資することで複利の力を借りることができます。

仮に年に250万円を運用し、年3%の利益を得られるとします。

すると2億貯めるまでにかかる期間はなんと42年まで縮みます!

でもこれだと今アラサーなので2億貯まるのは定年退職後です。

まだまだ厳しいですよね。

ちょっと現実的ではないですが、条件を変えてみます。

年間300万円、年5%の利益で運用したとすると2億まで31年!

積立てで可能性までは見えてきましたけど…

40歳くらいに早期退職をして不労所得で悠々暮らそうなんて夢のまた夢です。

 

トレード+福利の力は計り知れない!

では私達が初めて触った先物トレード。

これで考えてみましょう。

・その前に先物って何?(知っている人は飛ばしてください。)

先物トレードとは何か知らない人の方が多いと思うので簡単に説明すると、

日経平均を予想して当たった分だけお金を貰うトレードのことです。

例えば現在の日経平均、約22000円、先物miniで話を進めます。

日経平均が上がると予想し1枚(枚という単元です。)賭け、予想通り22000円が22010円になったとします。

10円上がったのでここで利益を確定すると1000円受け取ることができます。

何故利益が100倍なのかというと、100倍のレバレッジがかかっているからです。

このレバレッジを生かした取引が先物取引です。

なのでこのトレードには担保となる証拠金が必要です。

証拠金もその都度変わりますが、大体mini1枚動かすのに10万円は必要です。(最低7万円程ですがマイナスを食らった場合一発追証をくらいます。これでは足りないのでちょっとプラスして10万円とします。)

例えば予想が外れて相場が逆を行った場合、この証拠金から1000円が引かれることになります。

このトレードに何故夢があるのか、ここからが話の本番です!

・福利の力を利用して1日10円の利幅を取り続けるとどうなるか!

ちょっとややこしいですけど、ここからが面白いので深く考えずに数字を辿って下さい。

まず相場が開く平日毎日(約20日/月)、10円の利幅を取り続けるとします。

利幅はこれ以上動かしません。1日たったの10円を当て続けるのです。

すると1ヶ月で利益が2万円になります。

同じようにこれを毎月続けます。

4ヶ月目が終わった時点で累計10万円の利益になります。

ここである変化が起きます。

今まで1枚しか動かせていなかったのですが、

元手が20万円になったことで2枚動かせるようになります。

ということは2枚(20万円)で10円の利幅を取ると2000円の利益が得られるようになるのです。

f:id:natsupocha:20181101110624p:plain

2枚動かすと1ヶ月で得られる利益は4万円。

この3ヶ月後には3枚動かせますから、1ヶ月の利益が6万円。

ここで開始から1年で10万円がいくらになったかというと

 約90万円です。

f:id:natsupocha:20181101110649p:plain

・2万円の利益×12ヶ月=24万円

じゃないのです。

・(元本÷取引単価=)単元×利幅=利益→元本

を繰り返すと利益は単純に倍以上になっていくのです。

これが複利の力です。

言わんとしていることが伝わったかと思います。

ではそのまま同じ条件で2年目の終わりにいくらになっているか公表します。

f:id:natsupocha:20181101110701p:plain

1日10円を取り続けるだけで2年の終わりには約800万円。

では3年の終わりには…

f:id:natsupocha:20181101110743p:plain

 7千万円!!

たったの3年で1億に限りなく近づきました。

それでは4年目を見てみましょう!

f:id:natsupocha:20181101110847p:plain

4年と6ヶ月を終えた時点で2億に到達しました!

月収がなんと1千万を越えています!笑

毎日10円の利幅を取るだけのトレードで2億達成までにかかる年月は4年と6ヶ月でした!!!

・こんなのは夢物語だよ!

とはいえこんな風に綺麗に上手くいきません。←

そもそも税金入っていないですし、売買手数料も丸無視です。

仮に税金や手数料を引かれても毎日10円をとり続けることができれば10年以内には確実に2億に達成するでしょう。

でもこれができているんだったら今頃世界には大富豪しかいないことになります。

トレードは誰かが損をして誰かが利益を取るゼロサムゲームなので、そもそも100%の勝率を誇っている時点でトレードは成り立たないものだと思います。

けれどただ単純に稼いだお金を積立てるだけではなく、リスクをとってトレードしてさらに複利で勝ち続けることへの希望は見えたのではないでしょうか?

 

1億数千分の1の可能性よりも、毎日勝ち続けることへの努力の方が価値がある。

では宝くじの当選率ってどれくらかご存知ですか?

1億数千分の1と言われています。

日本中の人が一人1枚ずつ宝くじを買って、たった1人だけが当選する。

その1人にあなたはなれると思いますか?

単純に1億分の1で計算しても、毎日1日宝くじを引き続けたとしたら27万年以内に1回当選するくらいの確率です。

もしくは1枚300円ですから、300億かけて1億枚引けば1枚当たりますけど…

ざっと計算してみると馬鹿馬鹿しいですよね!

だからと言って多少のリスクをとって積立てしていたとしても不労所得で生活はほど遠い。

なので私は100万円を捨てる気持ちで夫にトレードを託しています。

・リスクをとってトレードすることとは…

トレードで糸も簡単に破産している人もいます。株で生計をダメにした人は大概トレードをしている人です。配当や優待を目的として保有している人はそんなことにはなりません。

それ程トレードは難しいです。何故なら人生を左右するお金を心を持った人間が扱うからです。

私も初めて先物トレードした日は手が震えました。

その感情がなければ、

感情を抜きに正しくチャートを読むことができれば、

鉄人になれれば夢も夢じゃなくなるのでは…

実際に鉄人になって一日3時間程度で100円くらいの利幅を取り午後はゴルフのレッスン…なんて生き方をしている人がいるのです!

たとえ500万円をドブに捨てることになっても、10年後にその生活が手に入るならそっちの方が断然良いと思いません!?!?

 

人生の中でリスクをとって生きていくことは人生を豊かにすること

経営者も同じですよね。まずは借金を抱えて倒産のリスクを背負いながら人よりも多くのお金を稼いでいます。ですが企業してから5年続かず潰れる会社が8割だそうです。

トレーダーの場合、自分の余分な資金から始めますがアッと言う間に無くなるリスクと常に隣合わせです。

リスクだけ見ると危うくて仕方ないですが、実際の数字をみるとこうなります。

年間約5万人が企業するそうなので、その中の2割、1万人は会社を5年以上持たせることができていることになります。

(トレーダーに限らず)個人投資家は国内に約1800万人いるとされていますが、その中でも5千万円以上の資産がある人は2%。36万人です。2億に達している人は更に絞られるでしょうけど、こうしてみると総資産5千万以上の投資家は意外と多いのです。

宝くじと見比べてみてもよっぽど可能性があることがわかります。

・私が積立て係で夫がトレード係

きっとここまで来る前に脱落した人が半分以上いると思います。笑

それこそこのページを開いてくれた方の中で2割いるかどうか…

でもそんなもんだと思います。

何かに気付いて行動する人と、何も考えずなんとなく生きていく人の割合は2:8くらいなんじゃないですか?

我が家は最初の通り、私が積立てで比較的安全に資産を増やしつつ守り、夫がトレードで早期退職&不労所得生活を目指しています。

皆様はどうですか?

老後まで黙って労働しますか?それとも挑戦しますか??