TOKYO SIMPLE LIFE.

トーキョー低年収OLの日々。

その② たった4日間のセレブごっこ。


 

ナマステ〜

あれから日にちがあいてしまいました。

 

世界で一番と言われているスラムに行ったり

インド人だらけの街を散策したり

ぼったくり島に行ったり

意外とムンバイ楽しめています( ^ω^ )

 

がやはり。

一番最高なのはホテルです。

ノリでムンバイで一番の5つ星ホテルを予約したんですが ←

本当に全てがファイブスターでビックリしてます。

まずスタッフに案内されながら部屋に入ったらコレ↓でした。笑

f:id:natsupocha:20180915230818j:image

部屋中にハートのバルーンが置いてあって、こんなハッピーな部屋で毎日過ごしています。(2日目以降も回収されず、ベッドメイキングの度に綺麗に飾ってくれました。笑)

f:id:natsupocha:20180915230820j:image

 

兎に角どこを切り取っても映えるくらいの建築物!

f:id:natsupocha:20180915231334j:image

 

朝食を食べるシーラウンジもこんな感じです。

f:id:natsupocha:20180915231452j:image

1テーブルに1台パンが盛られた器を置いてくれます。

f:id:natsupocha:20180915231859j:image

凄いと思ったのが2日目の朝、

このシーラウンジに入る前に部屋番号と名前を告げるんですけど

なんとスタッフのお姉さんが名前を覚えててくれたんです!

「Mr.○○, right??」って!

周りに日本人がいないって言うのもあるかもしれませんが… サービスだけとってもスペシャルです。

 

と言うのも

このホテル、名のある人達も泊まるホテルだそうで…

f:id:natsupocha:20180915232939j:image

残念なことに、テロにあったことがあるそうです。

100人前後の方が亡くなったそうです。

そのせいもあり、入り口はセキュリティチェックがあります。 車もボンネットとトランクをいちいち開けられるくらいです。
f:id:natsupocha:20180915232936j:image

 

インド人はみんなちょっと怖い顔してますけど、ここのスタッフはベッドメイキングの人達まで笑顔で挨拶してくれます。

というのも、

インドのタタ財閥トップがヨーロッパのホテルで差別を受けたことがきっかけで、インドに差別のないホテルを作ったそうです。

だから数少ない黄色人種の私達も気持ち良く過ごせるのかもしれません。

 

またホテルについは帰国してからまとめます( ^ω^ )

残り一晩なので大事に過ごしたいと思います〜

f:id:natsupocha:20180915234322j:image

これから街に出てインドのマックを買ってきます( ^ω^ )