TOKYO SIMPLE LIFE.

トーキョー低年収OLの日々。

TOKYOSIMPLELIFE_pc TOKYOSIMPLELIFE

眠れない日にこっそり書くショートブログ『東京散歩。浅草から東京外苑へ』

 

 

私はお酒を飲むとすぐに眠たくなりそしてお酒の勢いにまかせて眠ったのち、真夜中にふと目を覚ますことが多いです

今日は朝3時に目が覚めそのまま眠れないので小説『夜は短し 歩けよ乙女』を読んでいました

が!

ついに眠れないのでこうしてブログを書くことにしました!

 

昨晩飲んでいたのはこの小説で出てくる『電気ブラン(本物)』です

小説で出てくるのは『偽電気ブラン』

昨日は『電気ブラン』がどんなものか確かめるため浅草のバーへ行ったのですが、昼間からお酒を飲んで気持ちが良くなり、壮大な散歩が始まり、色んな出会いがあったのでその様子をお届けしたいと思います!

結果から先に言うと、

浅草から東京の皇居外苑まで約11キロ、1.8万歩のお散歩キロクです!

 

 

 

始まりには浅草寺でお参りを

壮大なるお散歩のスタートは浅草寺です!

浅草寺の神様とはとても気が合うもんで、千葉に住んでいた頃からここにお参りに来ていました。成田山よりも圧倒的浅草寺派でそれは今にも続きます

ですが多くて年に3~4回、少なくても年に1~2回は浅草寺に行くにので、もはや真ん中の道は歩きません。わき道からズンズン進むのですが、そこで可愛らしい日傘をさす人がいてこそっと一枚。

浅草寺わき道

 

本堂の前で道の真ん中へ戻り、そして手を洗ってお祈りをしますが、お賽銭は縁起の良いゾロ目で合わせます。昨日は百十一円。奮発する時は五百五十五円。

神様に「今日もすごい人ですね、これから私は神谷バーで電気ブランを飲みます、神様も良ければご一緒にどうぞ」と挨拶をしました。!

御籤も必ず引きますが、もはやこれは大吉だね!と言わんばかりの吉でした!

浅草寺

 

 

商店街の角にある神谷バーで初めての電気ブランを!

さて今日の本命、神谷バーで電気ブランです!

これは語りたいことが多く、本当にオモシロ美味しいバーでしたのでこちらの記事↓でまとめることにしましたのでよければどうぞ!

www.tabilog723.com

普通の居酒屋とはシステムが違い、私にとって人生で初めての面白いバーで、お酒の名前もなんだかハイカラで可愛い!

神谷バードリンク

あっという間に自制心が壊れてアレもコレも注文してしまいました!初めて昼間からバーでお酒を飲むというのを経験しましたが、とても楽しいことでした!

外に出ると明るくて気持ちが良いので川べりを歩くことにしましたが、ここからお散歩が始まります!

 

 

隅田川の川べりを歩いて浅草橋へ

以前も人形町から浅草まで歩いたことはあったのですが、今回は浅草から日本橋へ歩くことにしました

というのも浅草も好きですが、日本橋も好きだからです。下町っぽい東京は大好きです!

浅草から隅田川の川べりへ降りて、ほろ酔いの足取りで川沿いを歩きます。

この日は特に川が臭くて、くせぇくせぇ言いながら歩きました!

隅田川

 

 

馬喰町であの『TRAIN HOSTEL HOKUTOSEI』を見つけたよ!

浅草橋も抜けて日本橋へ向かう途中、馬喰町のあたりで、なんとテレビでみた『TRAIN HOSTEL HOKUTOSEI』を見つけました!

 これは昔使われていた北斗星の列車の中身を利用して作られたホステルです!なんともロマンチックな!(でも寝心地はきっと良くない!笑)

TRAIN HOSTEL HOKUTOSEI

 

チラシを貰ったので乗せておきますね!気になる方は是非!

トレインホステル北斗星 場所

トレインホステル北斗星 値段

 

 

日本橋(三越前)は小洒落た街だよ

私は金子半之助の天ぷらを食べに日本橋(三越前)あたりには度々来ますが、今日はあまり歩いたところのないところを歩きました!

こんなに小洒落たところがあったなんて知らなかった!コレドはいくつもあったんですね!

コレド日本橋

 

 

奈良物産展で無料の金魚すくいを

更に少し行くと奈良物産展の前で金魚すくいをしていました

ポイを持ったお姉さんに「金魚すくい無料ですが如何ですか?」と言われ「無料…?」と聞き返すと「ハイ!」とニッコリするのでポイを貰いました!

普段自宅で金魚を愛でながら大切に飼っている私です。

金魚を愛する者は金魚からも愛され、ほら、この通り!

金魚すくい

 

鹿が大好きなのでおのずと奈良も大好きですが、そう言えば奈良は金魚の町でしたね!いつか金魚も見に行きたい!

奈良物産展

 

 

フラペチーノ片手に東京まで歩くことにした

ここまでで約1時間くらいでしょうか。

足はまだまだいけるのですが、喉が渇くのでフラペチーノを買いました!

スタバフラペチーノ

季節のオススメほろ苦くて甘い『エスプレッソアフォガードフラペチーノ』を片手に今度は東京まで歩くことにしました。

 

 

東京駅を抜けて皇居外苑で休憩

日本橋から東京へは近くておよそ10~15分くらいです。

しかし人の多い東京駅に着くと急に疲れが押し寄せてきました…ですが最後の力を振り絞って東京駅を抜けて丸の内側へ。

皇居外苑で休憩することにしました!

皇居外苑:川

 

皇居外苑は気持ちの良いところで、川もありますし、広い芝生が沢山です!もう少し歩けば江戸城の本丸跡を見ることもできます。

芝生では思い思いに過ごす人が多いので、私たちも迷いなく芝生に転がりました!

私はペンタトニックスをかけながら読書をして、夫は本気のお昼寝をしていました。ゴロゴロしている間に陽は暮れていきました

皇居外苑:芝生

  

以上、浅草から東京までのお散歩でした!

時間を気にせず東京をの~んびり歩くのは楽しいです!

帰りは電車で、駅のスーパーでお買い物をして帰りました!何故なら…

 

 

家でも飲むよ!電気ブラン!

お土産で自宅用にも電気ブランを買ったのです!これで一杯やらなきゃ気が済みません!

電気ブラン

 

神谷バーで食べたようなジャーマンポテト、メニューにあったカマンベールチーズフライ、レモンが効いたウインナー、ポテトサラダに無限トマトです!(疲れていたのであまりお洒落にできませんでしたが…!)

晩ご飯

 

お昼はお酒を舐めただけなので大丈夫だったのですが、30度のお酒は酔いが回るのが早い!早々に寝てしまい、そして冒頭へ戻ります

電気ブランカクテル

 

 

電気ブランのきっかけは『夜は短し歩けよ乙女』

因みに私が電気ブランを飲みに行くキッカケになったのは小説の影響であります!

恥ずかしながら私は今まで小説はちょっと見栄を張る為に読むものだと思っていた節があります

何かの記事で見た賢そうな女性が

「たまに夏目漱石の"こころ"を読みます。読む時々で受け取り方が違ってくるのです」

と言っているのを見ていつかその文言を丸っと使うために"こころ"を読み、その次に"坊ちゃん"も読みました。

つまんなくは無いのですが…小説ってこんなもんだ、と言う感想と共に夏目漱石を読むのをやめました

 私にいつかトンチンカンな主材が来れば同じ文言を言ってやろう!けれどここでは正直な感想を書いてやる!

"こころ"なんて小説は人生に一度きりで十分だ!

 

ですが!

まるで漫画のようにコミカルで、それでいて美しい日本語で、たまに声を出してふふっとやる…そんな小説と出会っちまったのです!

それが『夜は短かし歩けよ乙女』です!

一応くくりは恋愛小説ですが、悪い意味でのため息が出るような決まり決まった夢見がちな恋物語でもありません!

恋愛物語にして軽やかで爽快!

登場人物は黒髪の乙女に、乙女に恋するクラブの先輩、職業『天狗』であり韋駄天コタツの首謀者の樋口さん、恋するあの人に出会えるまでパンツを替えないと心に誓ったパンツ総番長…嗚呼!愛おしいほどに濃いキャラクター達!

舞台は京都、大学生男子が乙女に猛烈に恋をしては空回るチンチクリンでハッピーエンドなラブストーリーです!

 

今は5時半!外で鳩が鳴き始めました

眠くなってきたので、ちょっと寝たいと思います!

それでは!良い日曜日を!