TOKYO SIMPLE LIFE.

トーキョー低年収OLの日々。

手取り増やしたいなら節税!サラリーマンでもできる節税方法!


 

世の中で働いている誰もが年に100回以上は思うこと。

「お給料が少ない。手取りを増やしたい。」

しかし1年の昇給額は数千円、それとともに上がる税金、増えぬ手取り…

そしてまた思う、

「お給料が少ない。手取りを増やしたい。」

そんな方へ告ぐ。

「じゃあ節税して手取りを増やせば良いんじゃない???」

だってサラリーマンでもOLでもできる節税方法があるのです!

f:id:natsupocha:20180303184712p:plain

節税方法その① イデコの積立てで貯金をしつつ節税

皆さま、貯金してますか?

その貯金、イデコでしませんか??

イデコ(iDeco)とは個人型確定拠出年金、

つまり『個人で積み立てる年金』です。

イデコ=老後の為の積立貯金ということになります。

もし毎月積み立てで貯金をしているならばこの制度が断然お得!

なぜなら『税金が控除される』からです!

もっと簡単に言うと、

イデコで積み立てたお金には税金がかからないと言うことです!

言葉ではわかり辛いと思うので、実際の私の月収で図にするとこんな感じになります。

f:id:natsupocha:20171108150035j:image

(※ 正確に言うとサラリーマンには予め控除される分があるので、所得に対して100%の税金がかかっているわけではありません。分かりやすいイメージ図にしています!)

普通の場合は、お給料から税金等が引かれた手取りで貯金や運用をします。ですが自社株やイデコは税金が引かれる前にお給料から引かれるイメージ。なのでその分の税金がかからないのです!

実際にイデコの節税分はいくらかと言うと、

上記の金額(月1万円の拠出)で約2.4万円/年!

毎月1万円貯金しつつ、月の手取りが2千円増える計算になります!

そしてそれが定年まで続くので30年働いたとすると70万以上の節税になるのです!

どこで口座を持つのがオススメなのかや注意点など、もっと細かく書いているのが下記↓になるので是非読んでみてください。

まとめ① 月1万円イデコで積立てるだけで年2.4万円手取りが増える! 

 

節税方法その②ふるさと納税で贅沢しつつ節税

生活していれば肉や魚や果物、食べますよね…?

その食べ物、ふるさと納税で注文していますか??

してないとしたらかなり勿体無いです!

なんと寄付した金額分(-¥2000)は来年税金が引かれます!

(-¥2000)は何かと言うと自己負担分です。

2千円の実費がかかるのですが、節税しつつ品物までもらえるのですから安い実費です!

*年収400万円の場合

・¥41,000が控除の目安

・-¥2,000が自己負担

・¥39,000が来年の税金から引かれる=手取りが増える!

しかも5自治体までならワンストップ制度で確定申告も不要!

かなり簡単に節税ができるのですから、誰もがやった方が良いシステムなのです!

詳しくは下記も参考にしてみてください*

まとめ② 年収400万円の人がふるさと納税を利用すると来年3.9万円手取りが増える! 

 

まとめ

貯金に食べ物…意外と身近なことで節税ってできるのです!

もしまだイデコもふるさと納税もされていない方は是非今すぐ始めるべき!

節税して手取りを増やしましょう!