TOKYO SIMPLE LIFE.

トーキョー低年収OLの日々。

奨学金を一括返済。実は多額だった金利について


 

奨学金という多額の借金を抱え社会で奮闘・心が死につつあるみなさん!

こーんにーち( ' ^'c彡☆))Д´)パーン

 

大丈夫ですよ!

私もその一人です(*´꒳`*)

そしてハイスペな旦那だってその一人!

旦那は国立大学出身だったのですが借りている奨学金は全額で約250万円。意外にも多額。そして月の返済額は約15000円。社会人9年目で丸8年返済し続けています。引越しをして住所変更などの関係で奨学金を目にした旦那が唐突に言ったのです。

「あれ、払い続けた年月程減ってない。」

そんなわけあらへんがなお兄さん、あんさん毎月いっぱいはろてるがな(*´꒳`*) 

なんて彼の小言を聞きつつ最近届いたスーファミミニのFFをしていた日曜の午後。

納得がいかない旦那、更に続ける。

「だって本当なら半分くらい減ってなきゃいけないはずなのに、まだ130万以上残ってる。金利が多いのかなぁ…」

いやいやお兄さん、今の時代低金利で奨学金の金利は0.1パーでっせ(*´꒳`*) 固定金利で1パーやとしとも25000円やないの(*´꒳`*)

と小耳にFFを続ける私。

何かで検索・計算した旦那が更に言う。

「でも計算したらやっぱり金利で40万くらいになるなぁ。」

はっ(´⊙ω⊙`)!?

ここで奥底に眠っていたドケチセンサーに触れ、初めてFFの手を止める。

そ…そんなわけあらへんがな…;(;´⊙ω⊙`;);

世は平成の終わり。低金利大国日本。メガバンクであるみずほFGが長期的にリストラを開始するという発表がある程、銀行が苦しむ時代に…

金利で40万てそんな…そんなアホな話があるかいなッ!!!

 

てことで奨学金の金利を調べみたら、すぐに理由がわかったのです。

f:id:natsupocha:20171031130831j:image

*金利って1年ごとにかかります(当たり前)

金利って年利だった(´⊙ω⊙`)←←←

たった一度払えばいいわけではなく、借り続けている間ずっとかかるのが金利!『一括で返せないなら一定期間待ってあげるからその待つ分お金頂戴ね』というのが金利なのだ。残った元本に対して数パーセント、毎年払わなければならない。そして恐らく、その金利を12ヶ月に分けて払っているんだ。来年になればまた来年の金利を払わなくちゃいけないんだ!!

すっごく当たり前の事なのに、自分都合で考えていただけだったのです!金利って毎年毎年地味にかかるのです!!

 

 *金利を計算してみよう!

きちんとした計算方法は複雑で理解ができなかったのですが、大体の金利の計算で行くとこんな感じです。

 

1年目 2,500,000円 × 0.01 = 25,000

1年目に払わないといけない金利2.5万円

1年目に払った奨学金(1.5万×12ヶ月)を元本から引くいた残りの元本2,320,000円

 

2年目 2,320,000円 × 0.01 = 23,200

2年目に払わないといけない金利2.32万円

残り元本2,140,000円

 

3年目 2,140,000円 × 0.01 = 21,400
3年目に払わないといけない金利2.14万円

残り元本1,960,000円

 

…おわかりだろうか。

うん百万単位の金利の高さ、そして元本がなかなか減らず長年金利を払い続けないといけない馬鹿馬鹿しさが!!!

そしてやっと気付いたのだ! 

たった1パーの金利でも完済までのんびり払い続けていると40万も金利で損をすることに!!!そしてもう既に15万以上の金利を払ってしまった…元本が大きな頃に金利がかかり過ぎたのだ!!

損だ!猛烈に損をしている!!!

 

そしてドケチこと私、旦那に言ったのである。

「一括完済せよ。(圧力)」

 

 

 *金利と運用の機会損失、どちらを優先するべきか

運用にまわす為に貯めていた貯金、約270万。ここから130万円を奨学金の一括返済に回すことになりました。

私が勘違いしていたとおり、元本に対してたった1回の金利でいいならのんびり借り続けても良かったのです。残り十数年、地道に返しつつ、この130万円を運用に回すつもりでした。一度無くなった130万円はまた貯めるまでには1年弱はかかるでしょう。その1年弱運用できない機会損失を考えると、やはりもったいない。1年弱で運用が上手くいって130万円が150万円になるかもしれないからです。

けれど!

正しく理解した年利によると、このまま借り続けていると8〜10万円かかることになります。返済に時間をかけるだけで130万円の支払いでいいところが140万に増えるっていうのです!

10万円…払ってもいいか?10万円…。

ドケチこと私、10万円は耐えられないのであります(´⊙ω⊙`)。

そして同じく金利というお金をなるべくかけたくない人の為に対処法も考えてみました。

 

*少しでも金利を少なく済ます方法 

皆さまも返済中の方が多いと思いますが、やはり一括返済は難しいです。旦那も8年かかって半分も減っていないくらいなのだから!!ですが一括返済は無理でも少しでも金利を少なく済ます方法としては2つあります。

①なるべく元本を減らすことを優先する

金利は元本に対してかかってくるので、社会人になったら最初は貯金などを考えずガッツリ奨学金の減らすことに集中した方がいいです。

借入金200万円の時の金利1%と借入金100万円の時の金利1%では一年で1万円の差がでてくるからです。もし200万円以上借り入れている方がいたら年2万以上金利がかかっていることになるので金利だけでかなり大きな金額になります。頑張って少しでも多く奨学金の返済にあてましょう。

②出来るだけ短期間で返済する 

元本を減らしても長年かけていてはずっと金利がかかってしまいます。借入金50万の1%だったら5千円ですが、それを5年続けたら2.5万円です。やっぱり大きな金額になってきます。なのでのんびりではなくシャキシャキ返してしまった方がいいです。

 

*とはいえ奨学金は良心的

上記で書いている1%は旦那の固定金利だった場合の計算です。借り入れた時期によっても違いますし、変動型にしていれば現在は0.1%なので、上記よりも10分の1の金利で済みます。なのでまずは自分がどの金利で借り入れているかもチェックが必要です。

とはいえ奨学金の金利ってやっぱり他の銀行やカードローンなんかと比べるとかなり良心的です。銀行だと3%前後、カードローンだと十数%なんてザラ! そんなこんなと比べると奨学金は良心的だなって思うのです。もし奨学金を返すのがいっぱいいっぱいだよ、って人は無理しすぎず、自分の返せる範囲のペースで返していくのがいいと思います。

 

*残りの奨学金は私の60万円のみに!

さて、旦那の奨学金も返済が完了すれば残りは私の借入金60万円のみです!こちらは変動金利で0.1%なので年6千円の金利です。旦那の月の支払いも終わるので、こちらの月の返済額を上げてコツコツ返済&来年の夏には完済を目標にしたいと思います!