TOKYO SIMPLE LIFE.

トーキョー低年収OLの日々。

スラムドッグ。壮絶すぎる世界を見た


 

以前、ブログでも書きましたが

インドのムンバイ行きが決定しました。

自分で航空券を手配したにも関わらず

動揺が隠せません。笑

い…インドって……。笑

>>ANAビジネスクラスで向かう先は… - TOKYO SIMPLE LIFE.

早速るるぶを買いに行ったものの、インドるるぶには薄っすらとした情報しか載ってなく全く役に立たなそうだったので、地球の歩き方を買う羽目になりました。

1800円。高いし本棚に映えない…笑(でも情報量はもの凄い!笑)

f:id:natsupocha:20180316224415j:image

家に帰って地球の歩き方を読んでいると

「ムンバイのスラムはスラムドッグミリオネアの舞台になったところだよ」

と旦那が教えてくれました。

ムンバイのスラムっていうのはここです。

f:id:natsupocha:20180315125002j:image
ムンバイのダラヴィ地区

このスラムの中には家やご飯屋さんや工場まであって、なんと100〜600万人もの人がここに住んでいると言うのです。

そしてスラムドッグミリオネアも見てみたのですが…壮絶でした…。

少しだけ内容を。

 

*クイズミリオネアに出演したのはスラムで育った少年

出題される数々のクイズに答えるのはスラム育ちの少年。何故この子がクイズに間違えずに正解し続けらたのかと言うと、自身の壮絶な体験から答えを知っていたからなのです。子供時代の出来事を遡りながらストーリーが進みます。

*スラムを駆け抜ける少年

まずこのスラムが衝撃でした。ゴミだらけの山、狭くて汚い民家、底を抜いただけのトイレ…… あまりに日本と違いすぎるし想像を超えていました。唖然としたまま映画が進みます。

f:id:natsupocha:20180315130132j:image
*ヒンドゥー教が急に攻めてきて母親が殺される

インドには多数の宗教信仰者がいるのですが、ある日唐突にヒンドゥー教が攻めて来たことがあったそうです。本当に唐突に…大勢のヒンドゥー教の人達が棒や火を持ってやってきて、イスラムの人達を傷つけ街を焼いたのです。

理解ができなさすぎる…。

f:id:natsupocha:20180315130121j:image
*スラムの子供達が悪い大人に集められて乞食として働かせられる

知識としては知っているものの、これが映像になると本当に痛々しくて…… 生きるために私たちは働きますが、このスラムの子達は別の方法で生きるしかないんだなと…  胸が締め付けられました。

*身近すぎる悪

盗み・乞食・売春・ギャング、が当たり前でその世界で育った子は、良いこと・悪いことの区別がわかる子もいればわからない子もいる。その事をこの映画を通して理解できてよかったと思います。

 

かなりざっくりと伏せて書きましたけど、とても衝撃的な映画でした。この地域が私たちの行くムンバイにある………

気楽な気持ちで行けない…笑

でもせっかくなのでツアーでこのスラム街にも行こうと思います。もう一生行くことがないと思いますし、経済成長しているインドなので、もうこの姿も無くなってしまうかもしれないので…

インドのNGOのツアーが利益のうち80パーがスラムの改善に使われるというのでそれを見ているのですが、この写真が既に…何というか……

f:id:natsupocha:20180315123745p:plain

今まで行ったタイやマレーシア、アメリカ、日本に近い台湾ですら、日本とは違いましたけどインドは更に文化が違いそうです。

良い意味でも悪い意味でも楽しめそう!

まだまだ不安ですけど、半年先なのでちょっとずつ理解を深めていこうと思います。笑