TOKYO SIMPLE LIFE.

トーキョー低年収OLの日々。

水槽立ち上げに必要なアクアリウムセット(小型)を買った!


 

ピンポンパールを飼うことを決意してから一ヶ月。

水槽を置く棚や水槽のスペースを整えたので

遂に水槽セットも買いました! 

そしてようやく我が家にプチアクアリウムが完成しました〜!

(下の写真はまだコリドラスしか入っていませんが、今はピンポンパールもいてめちゃくちゃ癒されてます\(^o^)/)

お洒落な水槽はインテリアにも◎

お洒落な水槽はインテリアにも◎!

家でアクアリウム設置する為に初めに買ったもの、

そしてどうしても必要で追加で買い足したものをまとめました。

これからアクアリウム始めたいな~、

なんて方は是非参考にしてみて下さい*

 

最初に買ったもの

①水槽 (必要度★★★★★)

私はアクアリウムを部屋のインテリアにもしたかったので水槽にはこだわりました。

私が買ったのは『寿工芸のアーク400』40cmの水槽です。

寿工芸のアーク400

見た目・角のなさ・床などがツボだった!

丸っぽいシルエットに水槽の下に敷く木材、水が跳ねないためのガラスの蓋、そしてろ過フィルターまで付いています!他の無機質な水槽と違ってアクアリウムっぽさがでて部屋にも映えます。色々悩んだけど妥協しなくてよかった〜!

※後に気づいたのですが、こちら縁が大きめなので40cm水槽と言えど11Lの小型水槽です。もしこちらの購入をお考えの方、数匹なら大丈夫なのですが、沢山の数はこの水槽では飼えないのでご注意ください。

 

②照明 (必要度★★★★☆)

水槽を買う際に店員さんに相談して、水槽に合うものも一緒に買いました!水槽の箱にも書いてあった、この水槽に一番合うライトで『白いライト』と夜の雰囲気に合う『紫のライト』2つを切り替えることが可能!どちらも金魚がとても綺麗に見えます◎

ライトはなくてもいいのかなと思っていましたが、寧ろ無くてはいけないものでした。これがないと水槽が全く綺麗に見えません!

 

③ブクブク (必要度★★★★☆)

ろ過フィルターの水で気泡が発生するように水流を調節すればブクブク(エアレーション)がなくても魚達は大丈夫です。しかし!トリートメントの時に必要だったので慌てて買いました。水槽内のバクテリアを育てる為にもエアレーションは必要なので合ったほうが良いようです。 

最初に買ったものはかなり音が気になったことと、ピンポンパールにとっては勢いが強すぎた為、下記のものに切り替えました。音も静かでブクブクの量も丁度良いです。

 

④ヒーター (必要度★★★★☆)

温度変化や冷たい水温にも強い魚には必要ないのですが、ピンポンパールのような弱い金魚にはヒーターが絶対に必要!

一番最初にアマゾンで買った高評価だったものは大きすぎたのと電池の色などが悪目立ちしたので小さいものに買い換えました。これなら側面に縦に貼り付けることも可能で目立たない!水槽内がスッキリ見え、小さい割には水温も安定して良かったです。◎!

 

⑤温度計  (必要度★★★★☆)

上記のように水温変化に弱い魚には特に必要になります。ピンポンパールは26度前後に保つ必要があるのでいつも温度計でチェックしています。こちらは安価なものでも◎!

 

⑥カルキ抜き (必要度★★★★★)

このカルキ抜きがなくてもカルキを抜く手段はあるのですが、あった方が時短になる&急に水槽の水が必要になる場合が多々あるので絶対あった方がいいです!

下記エーハイムのフォーインワンが鉄板で少量でカルキが抜けるのでオススメです◎

⑦バクテリアの素 (必要度★★★☆☆)

透き通った綺麗な水にはバクテリアが必須。水槽立ち上げの際はバクテリアが0の状態&バクテリアが育つまでに時間がかかるのであった方がいいです。

ですが、一度水槽が安定するとバクテリアは勝手に水槽内に住み着いてくれるのでその後は殆ど使うことがありませんでした。

 

⑧床材(石や砂利)  (必要度★★☆☆☆)

なくても魚は生きていけます。ですが床材はバクテリアの住みかになりますし見た目も良いので私は入れています。

初めは白と赤の綺麗な色の石を入れていましたが、後に石に苔がついて汚れっぽく悪目立ちしてきました。今は黒がメインの大磯砂利を敷いています。周りが黒だと金魚の赤が強くなり美しくなるようです◎

 

⑨水草  (必要度★★☆☆☆)

こちらも床材と同じで、なくても魚は生きていけますがバクテリアの住みかになるもの。そしてあると水槽内の見た目も華やかになります◎私は水草がよくわからなかったのでショップに売っていた沈めるだけで良いものをかいました!

水草初心者セット2点

初心者セット2点!

 

⑩餌 (必要度★★★★★)

海老やタニシなんかだとコケを食べるので餌はいらないかもしれませんが、お魚は餌必須!

色々与えてみましたが、今はこの餌を与えています。食いつきがよく、体の赤の発色もよく、便も良くするので、こちらに落ち着きました◎ 沈むタイプです。

 

⑪好きなお魚 (必要度★★★★★)

 水草だけを育てるテラリウムって言うのもあるそうなんですけど、アクアリウムならお魚は必須ですよね!私はピンポンパール3匹と残った餌を食べてくれるコリドラスを2匹を買いました。

ピンポンパールはもちろんのこと、コリドラスというお魚もめっちゃくちゃ可愛い!コリドラスにはまる人が多いそうなのですが、その気持ちわかる~!

ピンポンパールにコリドラス

ピンポンパールにコリドラス。

 

⑫お掃除セット  (必要度★★★★★)

色々あるのですが、特に必要だったと思うのは

・バケツ×2コ(3コあるともっと便利)

・魚をすくう網

・お掃除&水替えホース

・掃除用のスポンジ

です。 これがあれば掃除で困ることはありません。

 

 追加で買ったもの

⑬外部ろ過装置  (必要度★★★★★)

付属で付いている投げ込み式ろ過装置は中にワタとちょっとの石しか入っておらず、一週間でめちゃくちゃ汚れていました。案の定、弱い固体のピンポンパールは病気にかかりました…。

ろ過装置は”物理ろ過できるスポンジ” ”生物ろ過できる多孔質ろ材” ”科学ろ過できる活性炭等”の3種類揃っていることが理想なんだそうです。外部ろ過装置以外にも壁掛け式や投げ込み式など色々ありますが、きちんとろ過できる装置が良いようです。

色んなサイトの情報をみて一番内容が良く・値段も高すぎない、小型水槽にピッタリなテトラの外部ろ過器にしました。

こちらを装着してから3日目。付属ろ過装置で1週間待てども白っぽかった水が、ようやく透き通りました。もっと初期に買っていれば良かった…!

※アクアショップの方曰く、これでも少し濾過が弱めだそうです。使っていた時は全く問題はありませんでしが、もしもっと強力な濾過が必要な時はエーハイムの外部濾過をオススメします!

 

⑭pH計測器&アンモニア測定液  (必要度★★☆☆☆)

こちらは水質を計る器具でなくてもいいのですが、あると安心。魚が苦しそうにしたときに水質がどうか計ることで原因を知ることができます。丈夫な魚なら必要ないかなと思います。があると安心。

かかった費用

以上アクアリウムで揃えた品々です。

こちらにかかった費用はトータルすると5万円弱でした。

思った以上に出費がかかりました…。

もしこれからアクアリウムを始める方は少なくとも3万円は見積もって、必要度が4~5のものだけを揃えるといいかもしれません。

 

まとめ

 お金はかかりましたがお魚達が部屋に来てからというもの、癒しの日々が始まりました。お魚達は本当に可愛いです!しかもピンポンパールは懐きます!ふわふわと寄ってくる姿がたまりません!!できるだけ長生きしてもらうべく、大事に大事に育てていきたいと思います*

*関連記事

www.tokyosimplelife.com

www.tokyosimplelife.com