TOKYO SIMPLE LIFE.

トーキョー低年収OLの日々。

【口コミ】バケーションパッケージで遊んできた!


 

つい先週、結婚記念日にバケーションパッケージに行ってきました!

ディズニーパークに2日間、ミラコスタに泊まって、特典の席で真ん前でショーを見て…

本当に夢のような時間でした!

忘れないうちにどんな内容だったかを書き残しておきたいと思います。

長くなりますが、是非読んで見てください!

*バケーションパッケージツアーって?

バケーションパッケージツアー

夢のようなツアーがバケーションパッケージ!

ディズニーリゾートが公式に出している

パークチケット・ディズニーホテル・ショー鑑賞券やファストパス・特典

が付いてくるバケーションパッケージです。

「乗り物重視」又は「ショー鑑賞重視」等の好きなプランを選んだり、泊まりたいホテルを選ぶことができます。

一口にバケーションパッケージと言いますが、

選んでいくうちに自分専用のオリジナルツアーになるのです!

そして、飲み放題のフリードリンクチケットや、選べるお土産、パスポートケース・リゾートラインフリー切符などのバケーションパッケージを予約した人への特典まで付いてきます!

まさに夢のような2日間を過ごせるパッケージツアーなのです!

 

*【欲張りプラン】を予約しました

このツアーは結婚記念日の為に夫が予約してくれたのですが 

【欲張りプラン】エンターテイメントもアトラクションも楽しむ2DAYS

を選択してくれました。

このプランでは↓こちらのものが付いてきました。

*【欲張りプラン】で付いてきたもの*

  • 2DAYパスポート・スペシャル(ランド・シー行き来可)
  • ファストパスチケットが5枚/人
  • ショー鑑賞券 2枚/人
  • ホテル宿泊
  • ホテルレストラン利用券
  • フリードリンク券
  • チケットホルダー引換券
  • オリジナルグッズ引換券

行ったのが春休みの時期でパークは超満員だったので、この鑑賞券やファストパスがかなり有り難かったです!

*1週間前に色々届いた!

チケットやガイドブック等が1週間前に届きました。

中身はこんな感じです。

バケーションパッケージ・チケットやガイドブック

これが届いてからは毎日楽しみで仕方がなかった!

パークチケットやファストパス、ホテル券などもこれに付いてきましたので、これを持って当日出かけました。

 

*2DAYパークチケットはどちらのパークも行き来可◎

これは前日に気付いたのですが…なんと

この2DAYパスポートはランドとシーのどちらも行き来が可!

そしてリゾートラインのフリー切符もあるので、元気さえあればランドに行って、シーに行って、またランドに行く…なんてこともできちゃいます!

私たちはシーが好きなのでいつもシーに行くのですが、せっかくなのでこの日はランドにも行ってみました。

そしてその日のうちにシーにも入園するなんて贅沢なこともしちゃいました!

バケーションパッケージ・ディズニーランド

久しぶりにランドにも行きました!
・まずはチケットホルダーを貰う!

バケーションパッケージ柄のチケットホルダー

バケーションパッケージ柄のチケットホルダー!

指定のお店で引換券と交換でこのチケットホルダーを貰うことができます。

パスポートやファストパス、フリードリンク券をしまえるようにまずはこれをゲットしました。

 

*フリードリンクチケットで飲み物が飲み放題!

このドリンクチケットは何杯でも飲み放題(ペットボトルとアルコールを除く)

しかも大・小どちらのサイズでもOK!

とっても寒かったので暖かいココアを飲んだり、休憩にコーラを飲んだり、ご飯と一緒にドリンクはタダで注文したり…マジカルチケットでした!

バケーションパッケージ・フリードリンクチケット

魔法のドリンクチケット!

 

*ミラコスタに宿泊しました!

疲れたのとチェックインの為に早めにホテルに行き休憩していました。

チェックインの時間は15時なのですが、なんと30分も早い14時半からチェックインが開始に…!(恐らく15時からは混むので少し早めに始めるのかもしれません。)

チェックインが完了するとベルボーイがホテルを説明しながら部屋まで案内してくれました。

バケーションパッケージ・ホテルミラコスタ

久しぶりのミラコスタにドキドキが止まらなかった!
・お部屋は最上階の5階!眺めが最高だった

私たちが泊まったのはヴェネツィアサイドのスーペリアルーム。

なんと運が良かったのか最上階の5階でした!

前回も同じヴェネツィアサイドだったのですが2階だったので運河しか見えなかったのですが、今回はこの眺め!綺麗だったなぁ。

バケーションパッケージ・ヴェネツィアサイドのスーペリアルーム

ヴェネツィアサイドも最上階だと景色が最高

 

*指定席でみるショーが最高だった

ショー鑑賞券が2つ選べたのですが、私たちは『ファンタズミック』『ビッグバンドビート』を選びました。

・ファンタズミックはバケパ専用席で座って見れる!

なんとこの指定席は『バケーションパッケージ専用席』と書かれたエリアの椅子に座って見ることができます!(優越感…。笑)

夜のショーをきちんとゆっくり見たことがなかったのですが、心から楽しむことができました!とても良い思い出。

バケーションパッケージ専用席

ここで見たファンタズミックが忘れられない。
・オリジナルデザイングッズはブランケットにしました

暖かい日々が続いたのにこの日だけはとても寒くて、外にいるのが辛いくらいでした。シーは海辺なので寒いことはよくありますし、風も強い。

ですがファンタズミックをゆっくり見たかったので、グッズ引換券はブランケットにしました!このブランケットが見かけによらずとても暖かくて、袋部分には手を収納することもできてとても暖かくショーを見ることができました。

バケーションパッケージ・オリジナルデザイングッズ

意外と優秀だったブランケット。笑
・ビックバンドビートはど真ん中の予約席

ビッグバンドビートは見れる公演時間が決められていて、私たちは2日目の12時の公演でした。1階前方の真ん中あたりに予約席エリアがあり、そこに席が割り振られています。前から10列目くらいだったのでものすごく近いわけではなかったのですが、それでも真ん中でとても楽しむことができました!

バケーションパッケージ・ビッグバンドビートの予約席

ビッグバンドビートの予約席
 

 

*朝ごはんはオチェアーノのブッフェを

レストラン利用券はホテルの朝ブッフェでした。

このオチェアーノというレストランは中の装飾がとても綺麗で素敵でした。

バケーションパッケージ・朝ごはんはオチェアーノのブッフェ

隅々まで見たくなるほど素敵な内装!

そして食事の内容もきちんとしていて(ブッフェでは使わないような野菜が使われていたり、ソースなどもこだわっていた)、とても満足できる朝食でした。

朝ごはんはオチェアーノのブッフェ窓辺の席

窓辺の席に案内してもらいました。
・開園前に食べて15分前入場すべし!

ミラコスタ宿泊者は開園15分前に入園できる特典があり、チェックインの際に『15分前入園のチケット』を発行してもらうことができます。

ですがその為に急いで食べなくては行けなかったのが本当に残念!(しかも間に合わなかった。笑)

7時にレストランを予約していたのですがそれでもかなり時間に余裕がなかったので、もし15分前入園される方は7時より前にレストランを予約するのが良いかもしれません。

*混んでいる日のファストパスは優秀!

私たちが行ったのは春休み真っ最中。学生、遠方からきているであろう家族でいっぱいでした。長いもので3時間待ちなんてのもあって、久しぶりにあんなに混んでいるパークを見ました…。

ですがこのパッケージツアーで5枚のファストパスが付いていたし、パークチケットでファストパスを取ることもできたので乗り物もかなり楽しむことができました!

そしてそのファストパスのうち1枚はトイストーリーマニアも使えるものだったので、初めて乗ってきましたが、これがめちゃくちゃ楽しかったです!

バケーションパッケージ・トイストーリーマニア

次は2回乗りたい!

 

*気になる値段は?

値段は泊まるホテル・部屋、時期、パッケージの内容にもよるみたいなのですが、私たちの場合は一人8万円でした。

平均すると大体4〜9万円/人のようです。

やはり高いのでそんなに簡単には行けませんが、次にまたシーに行くのなら絶対このパッケージツアーで行きたい!お金を貯めてでもパッケージツアーで行きたいです。

・でも大変なのが予約…。予約は半年前が必須!

しかしこのパッケージツアー、一番大変なのが予約なのです。

特にディズニーリゾートホテルの中でも1番人気なのがミラコスタ。

本当ならパーク内が見渡せるポルト・パラディーゾ・サイドに泊まりたかったのですが、予約開始となるピッタリ半年前の午前11時にパソコンに張り付いていても予約が取れませんでした…。(なので今回もヴェネツィアサイドになったそうです。)

もしこのパッケージツアーを予約したいという方は、半年前からチェックするようにしてくださいね!

*まとめ

以上が私たちが予約したパッケージツアーでした。

本当に夢のような2日間でした。

高いですし予約は取りづらいですが本当にオススメです!

 是非パッケージツアーで夢を叶えてくださいね!

*公式ホームページはこちら

www.tokyodisneyresort.jp

*関連記事